農産物直売所『にじの耳納の里』

安全への取り組み【トマト】

 トマト

名称とまと
(英名:Tomato)
品目博多のトマト
属性ナス科出荷時期10月初旬~7月中
原産地ペルー出荷最盛期3月中旬~6月上旬


 美味しいトマトができるまで

土作り6月美味しいトマトには土作りから始める(一部自家育苗)
は種稚苗は、ふくれん支援センターへ委託する。
育苗床準備本田の1/3の面積を要する。
鉢上げ引き取った苗は、過乾にならないよう注意する。
本葉1.5枚(2週間目安)
定植10月(土耕)
8月(ロックウール耕)
接木苗は、第1果房の2~2.5花が開花した時が定植適期となる。
収穫1月~収穫時の着色は、9分~5分の範囲で時期ごとに調整する。
3月下旬以降は、収穫後、防温シートで品温が上がらないように予冷庫へ入れる。

 栽培のポイント

施設栽培では、できるだけ換気を行い、湿度を下げる。また、灌水過多・多湿に注意する。
被害果、茎、葉は早めに除去する。また、開花後の花弁は病気の発生源となりやすいので、早めに除去する。
まん延後は防除が難しいので、病気が全体に広がる前の発病初期に防除を徹底する。
同一系統の薬剤を使用すると耐性を生じやすいので、他剤との交互散布を行う。