農産物直売所『にじの耳納の里』

安全への取り組み【なす】

 なす

名称なす
(英名:Eggplant)
品目千両なす
属性ナス科出荷時期6月初旬~11月中旬
原産地インド出荷最盛期7月下旬~8月下旬






 美味しいなすができるまで

ほ場準備3月排水が良く、日当たりの良いほ場を選び、堆肥を10a当たり4t投入する。
防風ネット設置4月風対策のため防風ネットを設置する。高さの3倍の範囲まで有効なので、できるだけ高く張るのが望ましい。
マルチング土壌水分が十分ある時にマルチし、地温上昇を促す。
トンネル準備防寒と地温確保による生育促進を目的とする。
定植定植は晴天日の午前中に行い、深植えにならないよう注意する。
定植方向は、第2枝となる第1段花直下の側枝を東または南に向かって定植後、直ちに灌水を行い、鉢土と土をなじませる。
整枝・誘引5月主枝4本V字仕立てを基本とし、第2段花着果以降より樹勢に応じて誘引を開始する。誘引は強い枝から順に行い、弱い枝は直立にしておき、成長点が必ず上方を向くようにする。
股下整理6月股下の側枝は活着後に地際に近いところから除去する。
親葉の摘葉骨格ができるまでは原則として行わないが、懐の側枝が日陰になる葉は除去する。
主枝の摘心7月主枝が目の高さまで伸びたら摘心を行う。

 栽培のポイント

連作を避け、前年多作ほ場近くの植え付けを避ける。
排水を図り、多湿にしない。
プラスチックフィルムでマルチを行い、雨水による土砂の跳ね上がりを防ぐ。
罹病果は見つけ次第除去し、処分するか土中深く埋没する。