農産物直売所『にじの耳納の里』

安全への取り組み【梨】

 梨

名称
(英名:Japanese pear)
品目幸水、豊水
新高、新興
属性バラ科出荷時期7月初旬~11月末
原産地日本、中国
カスピ海沿岸
 (カシミール地方)
出荷最盛期7月中旬~8月下旬


 美味しい梨ができるまで

整枝・剪定1月作業効率化や枝の先端まで栄養が行き渡るように樹体を剪定する。
新梢管理2月新しい梢から伸びてくる。棚に這うように誘導管理する。
摘蕾・受粉4月花の開花と受精に多くの養分を必要とするため、余分な蕾を取り除く。
開花した花に人工交配(手作業)で受粉させる。
摘果・袋かけ5月受粉後、多くの実を残すと栄養が行き渡らないため、余分な実を取り除く。
鳥や虫の被害の防除と綺麗な果実にするために、残した実に袋をかける。
摘果7月出荷できない実を取り除く。
収穫8月
追肥10月収穫のお礼に肥料を与え、来年の準備をする。

 栽培のポイント

ナシホソガの防除は幼虫食入防止を狙い、幼虫発生盛期(第1世代:6月下旬~7月下旬、第2世代:9月上旬)を中心に薬剤散布する。実用上、第1世代の防除に重点を置く。
輪紋病は冬期のイボの削り取り、罹病枝の剪定などを徹底する。また、病幹部を削り取った後の傷口はトップジンMペーストを塗布または3倍液を散布する。
黒星病は脱ぽう期からの初期防除が重要で、さらに5月から梅雨期に重点的に行う。生育初期に低温多雨の場合は特に注意する。