農産物直売所『にじの耳納の里』

安全への取り組み【ぶどう】

 ぶどう

名称ぶどう
(英名:European grape)
品目巨峰、デラウエア
ピオーネ、キャンベル
属性ブドウ科出荷時期6月末~9月
原産地ペルシャ出荷最盛期7月下旬~8月



 美味しいぶどうができるまで

整枝・剪定1月前年に伸びた枝のうち、多すぎるものや枯れ枝などは基部から除去する。間引き剪定を行ったり、枝を切り詰める切り戻し剪定を行う。
巨峰は長梢または超長梢剪定になるため、基部より10芽以上残すと良い。
追肥4月
芽かき5月新梢(今年芽を出して伸びるつる)の数を減らす。
巻きひげ取り巻きひげが出たらかき取り、つるが棚全体に広がるよう棚の針金にテープまたは紐で留める。
新梢の誘引粒の詰まった形の良いぶどうにするため、房を小さくする。
摘房・摘果・摘粒6月実が確実に生るよう、房の数を約3割に減らす。
実が大きくなった時にパンクしないように粒を抜く。
追肥
かさかけ・袋かけ7月小鳥や病気、害虫から守るため、ぶどうに袋をかける。
収穫8月~9月待ちに待った収穫。
元肥・整枝・剪定11月次の年に備えて土に栄養を与える。

 栽培のポイント

薬剤に頼らず、なるべく早く袋かけを行う。
排水を図り、多湿を避け、通風・採光を良くする。
灰色かび病は開花期前後の防除を徹底する。
カイガラムシには越冬幼虫に対して粗皮剥ぎを行い、石灰硫黄合剤を散布する。